EDになる原因

EDになる人は年々増加傾向であり、日本だけではなくて世界中でED(勃起不全)に悩まされている人がいます。

ED治療薬が世界中で人気があるということは裏を返せばそれだけ多くの需要があり、利用者がいるということでもあります。

ではなぜ今、EDになる人が増えていっているのかを説明をしていきたいと思います。

もちろん第一の原因として考えられるのが加齢による性欲減衰が挙げられますが、今は若い20代でもEDになってしまうという人もいます。

色々な原因がある中でEDになってしまったらもう一生EDのまま過ごさなくてはいけないというものではありません。

若いうちからEDになってしまう人も薬に頼らずに自分だけの力で勃起をしたいと考えている人もまずはなぜEDになってしまったのか原因を知ることが大切です。

年のせいと決め付けないようにしましょう。20代でEDになってしまう人もいれば60代でも現役バリバリの人もいます。

EDが増えた原因のひとつとして挙げられるのが生活の乱れが原因であると考えられています。

特に糖尿病や脂質異常症の人の8割以上がEDであるという自覚症状がありますし、密接な関係があります。自覚があるだけで8割の人がなっているので実情はもっとおおいのではないかと予測できます。

糖尿病や脂質異常症というのは現代病の一つ言われており、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、運動不足が原因で起こっていると言われています。

今は移動手段が通勤の時も電車や車、バスなどであり、移動する時も階段を使わないでエスカレーターなどで移動できます。

そんな中で座りっぱなしの仕事をしていたら運動をする機会がないですよね。

他には昼夜逆転の生活だったり、炭水化物だけを摂り過ぎた偏った食事をしやすくなってしまいがちです。そういった生活を繰り返してしまう人はEDになってしまう可能性が高くなってしまいます。

他には心因性のEDと呼ばれてストレスや精神的にショックなことが起こってEDになってしまったという人もいます。

仕事が朝から晩まで働き通しで疲れすぎてしまって性行為をする気にもなれない、精神的に疲弊してしまっている人はEDになりやすいといわれています。

うつ病などもEDになりやすいといわれているので気をつけなくてはいけません。

またパートナーの女性から「Hが下手」とか「全然気持ちよくなかった」とか心無い一言を言われてしまったことがショックに感じてしまって性行為をすることに萎縮してしまってEDになってしまうという人もいます。

若い人はそういったストレスやパートナーからの一言で傷ついてしまってEDになってしまうという人もいます。

まずは色々な要因がある中でなぜEDになってしまったのかの原因を突き止めることがEDを治すための第一歩と思ってください。

そのためにまずは病院にいって診察をうけて原因を突き止めるようにしましょう。

食事改善を行う

体内の中で影響を受けてそこからEDになってしまうのであればやはり食事改善をして中から身体を変えていくというのが非常に重要なことになります。

食事改善をしただけでそんなに身体に影響ってあるのかな?って思うかもしれませんが、体にいいものを食べれば肌は良くなりますし、眠った時もぐっすり眠れるようになったとか整腸作用があったとか色々とありますよね。

食事というのは人間が必ず毎日食べるものですよね。だからこそ改善する力というのがあるのだと思います。

食事改善をしてもすぐに効果は現れません。今までの何年もの間似たような食事を摂っていた中でちょっと食事を変えただけでは急な変化は現れませんが3ヶ月ぐらい続けると身体というのは変化となって表れてきます。

脂質の多いものだったり、糖質の多い食事ばかりを摂るのではなくて野菜を中心としたバランスのいい食事を摂るように心がけましょう。

食事改善として「お・さ・か・な・す・き・や・ね」という言葉があり、血液をサラサラにする効果がある食材の頭文字をとったものです。

「お茶」「魚」「海草」「納豆」「酢」「キノコ類」「野菜」「ネギ類」ですが、このどれか一つを食べ続ければいいというものではなくて満遍なくバランスよく摂取しましょう。

また精子というのはたんぱく質を主に構成されているのでたんぱく質を積極的にとることは大切です。たんぱく質は主に鶏肉に沢山入っているので積極的に取るようにしましょう。

他にはにんにくやにら、牡蠣なども非常に栄養価が高く優れた食材です。

とはいえ毎日のようにそんな食材を摂ることなんて出来ないという人もいますからそういった人はサプリメントで補ったりするようにしましょう。

サプリメントには懐疑的な意見を示す医者もいますが、少なからず効果があるという見方が多いです。

サプリメントは手軽に栄養補助食品ですので足りないものを補うようにしていきましょう。

性行為に前向きに

若い時の性行為のときに女性からキツい一言を言われてしまったことが原因で、EDになってしまったという人もいます。

性行為をするのが嫌になってしまったという人もいますが、EDを克服するために重要なこととして積極的に性行為をすると言うことが大切なんです。

精神的な苦痛を味わって性行為から遠ざかって性行為で射精をしないことが当たり前になってしまうとどんどん性行為に億劫になってしまいます。

いきなりうまい人はいませんからまずはどんどん性行為をしていくということが大切です。

性行為を円滑に進めるグッズなどもあります。途中で中折れとか勃起をしなくてもどんどん回数をこなしていくようにしましょう。

運動をする

社会人になれば運動不足になってしまうという人は非常に多いです。

移動手段もエスカレーターやエレベーターに頼ったり、車や電車など運動をしないという人は多いです。

食べ過ぎてしまったことを解消することをしないと現代病の糖尿病や脂質異常症になりやすくなってしまいEDになってしまいます。

また血液もどろどろになってしまったりするので血流を良くするためには運動が大切です。

運動をすれば体内環境が変わるだけでなくて自分に自信がつくので積極的になれますし、運動をすることで前向きになります。

特に血の巡りがよくなるのでEDを改善されたという意見は非常に多いです。

もちろん学生の時のような激しい運動を急にやろうとしても長続きしません。最初は軽い散歩から初めていき徐々ランニングやスポーツをしていきましょう。

普段エスカレーターに慣れている人だったら階段を歩いたりするだけでも全然変わってきます。

徐々に身体を動かすことに慣れていけば必ず身体にいい影響となって現れると思います。

Copyright(c) 2017 All Rights Reserved. Design by バイアグラ・レビトラ・シアリスの三大ED治療薬を徹底比較