持病持ちの方は注意

ED治療薬には絶対に一緒に服用してはいけない薬があります。 最悪命に関わるケースも出てしまいます。芸能人でもバイアグラを多量摂取しすぎて病院で運ばれたということもあったように、ED治療薬は単体でも用法容量を正しく使わないと身体に大きく副作用が出てしまいます。

これが併用してはいけない薬と合わせて飲んでしまうとより危険なことになってしまいますので必ず持病をお持ちの方、特に心臓病を患っていて血圧を下げたりする薬を服用している人は絶対にED治療薬を服用しないようにしましょう。

良く分からないという人はED治療薬を専門に扱っている医者に必ず相談をしましょう。勝手に大丈夫だろと思って使っていたら大変なことになってしまいます。

狭心症などの治療に使う硝酸剤系の薬

いわゆるニトロ系と呼ばれる薬で色々な種類が出ています。錠剤タイプから貼り薬やスプレー、注射、吸入薬など様々です。

錠剤じゃなければ大丈夫と思っている人もいますが危険です。

血管を拡張させる働きを持っているのでED治療薬と同じように血圧が急激に下がってしまいますので併用禁忌薬となっています。

品名を書くとものすごい量ですが、系統を紹介をしていきます。大きく分けて5つありますので当てはまる人は必ず医師に相談してください。

不整脈などの治療に使う抗不整脈薬の一部

不整脈の治療薬の一部は、ED治療薬との併用により、心臓の動きに異常を起こす可能性があるということで併用することを禁忌としています。

とはいえ最近はあまり使われなくなった薬が多いのであまり目にする機会も減りましたが注意は必要です。

肺高血圧症で用いられるアデムパス

肺高血圧症で用いられるアデムパスという薬は、ED治療薬と併用すると血圧が強く下がってしまうため、併用禁忌薬となっております。 最近追加された併用禁忌薬となります。古い冊子などには記載されていないこともありますので、注意が必要です。

ひどい水虫の治療などに使う内服の抗真菌薬

併用禁忌薬の中でも一番身近な薬であるため注意が必要です。

水虫の菌が爪などに入ってしまった際に用いられる、カビを退治する飲み薬ですが、肝臓に負担をかけるためにED治療薬の代謝がされずにED治療薬が効きすぎてしまうということで禁忌となっています。

薬が効きすぎてしまうと副作用が非常に強く出てしまいますので危険です。

塗り薬などは肝臓に負担がかけないため問題ありませんが、飲み薬は十分に注意しましょう。

ウイルスに対して使うHIVの治療薬とC型肝炎の治療薬

HIVやC型肝炎に対して使う治療薬は、肝臓に強い負担を掛けるためED治療薬が代謝されずに強く効きすぎる恐れがあるため、併用禁忌薬となっています。

分からなければ相談

代表的な5つの系統を紹介しましたが、やはり一般の人は薬のことを調べても何が問題なくて何が問題あるのかの見極めというのは非常に難しいと思います。

悩むよりもまずは病院で相談するようにしましょう。

Copyright(c) 2017 All Rights Reserved. Design by バイアグラ・レビトラ・シアリスの三大ED治療薬を徹底比較