ウィークエンドピル

シアリスについて紹介していきたいと思います。

シアリスといえば全世界での販売されているED治療薬として最も人気のある薬であり、シェア率が40%を超えた時期があるほど人気が高まっています。

なぜそこまで人気があるのかというとそれは『ウィークエンドピル』と呼ばれているほど長く効果作用時間があるからですよね。

シアリスはレビトラと同じように『5mg、10mg、20mg』の三つの規格で製造、販売されていて一般的に『10mg、20mg』を服用されています。

「5mg」は主成分が少ないので処方されることは少ないでしょう。

10mgで20時間~最大24時間
20mgで30時間~最大36時間

バイアグラやレビトラなどのED治療薬と比べて圧倒的なまでの持続作用時間があると認められているのが特徴です。

黄色で卵形の特徴で中身は白い薬剤で、日本イーライリリー社から2007年ごろから販売されましたが、世界的には2002年ごろに発売されて約4年もの歳月がかかり、服用してみたいと思っている人からしてみれば待望のED治療薬でした。

ウィークエンドピルと呼ばれている理由として金曜の夕方に服用さえすれば日曜の朝まで効果を発揮するので1錠で週末を乗り切れるということが人気の理由でもあります。

1錠飲んで体内に吸収されてしまえば後は安心して性行為が出来るということが人気です。

付き合いたてのカップルでいつホテルに行くのかわからないという人でも1錠飲んでさえおけばとっさの時でも飲み忘れもなく安心できますが、何よりも特定の決まったパートナーとある程度決まった曜日で性行為を行うのであればシアリスは非常にありがたい存在だといえます。

多くのカップルが週末に性行為を行うことが多いのでそういった意味でも非常に役立つ薬といえます。

1錠で週末を乗り切れるということは経済的にも負担が軽減されるので非常に服用する側としても人気が高いのです。

シアリスの主成分「タダラフィル」

シアリスに含まれる有効成分は「タダラフィル」です。この成分がどのくらい含まれているかで[5mg][10mg][20mg]と変わります。

主成分のタダラフィルは白い粉末で水に溶けない性質を持っているので即効性はなく、むしろ遅効性の性質を持っています。

注意しなければいけないのは同じED治療薬であるレビトラは即効性がありますが、シアリスは服用してから3時間程度から効果が現れだすということを頭の中に入れておいてください。

また個人差も大きく1時間で効く人もいれば4時間で効いてきたという人もいます。大体服用のベストは性行為時の3時間前ぐらいと思って調整をしてください。

シアリスに含まれるタダラフィルの特徴としては他のED治療薬と比べて食事の影響を受けづらいとされています。

そのため空腹時では性行為をしたくないと言う人でもある程度の食事をとっても平気です。メーカーの発表では800kcalまでは食事の影響は受けないとされています。

大体すき家の牛丼中盛で700kcalです。

とはいえ空腹時やカロリーをなるべく抑えたほうが効果は発揮されやすいわけですからカロリーが低く脂っこいものが少ないものを選んで食事をするようにしましょう。

自然な勃起力を再現

バイアグラとレビトラは服用すると硬くなりすぎてしまって感度が多少鈍ってしまうという人もいます。

もちろん個人差はありますが、シアリスの場合は自然な勃起力を再現してくれるので感度が鈍くならないという意見が出ています。

自分はどちらかといえば遅漏のほうだと思っている人は自然な勃起力を再現してくれるシアリスがおすすめです。

シアリスだったらデートに出かける前に服用さえしておけば飲み忘れもないですし、ED治療薬を知られたくないと思っている人は持ち歩く心配もないのでEDと知られることもありません。

非常に使いやすいのがシアリスの特徴です。

Copyright(c) 2017 All Rights Reserved. Design by バイアグラ・レビトラ・シアリスの三大ED治療薬を徹底比較